FANDOM


Hiveswap
1994年11月11日、この日主人公Joeyは弟のJudeと庭で遊んでいたが突如謎のモンスターの襲撃にあいJoeyは屋根裏部屋へと逃げる。そこにあった不思議な装置を起動させてしまい、Joeyは惑星オルターニアにいるエイリアンと住む世界が入れ替わってしまう。元の家に帰るためには両世界を脅かす最終兵器の活性化を阻止するために反乱軍と協力しなければならないのであった...
Hiveswap
HiveSwapGraphic

開発

What Pumpkin Studios NYC

シリーズ

Homestuck

対応

Windows、OS X、Linux

発売日

Act 1 - 2017年9月14日
Act 2 - 未定
Act 3 - 未定
Act 4 - 未定

ジャンル

アドベンチャーゲーム

ライター

Cohen Edenfield
Andrew Hussie
Ryan North

コンポーザー

Toby Fox
James Roach

Hiveswap(ハイブスワップ)とは、Homestuckのスピンオフゲームである。

Hiveswapは4部作構成となっており、最初の章であるAct1は2017年9月14日に正式リリースされた。Windows、Mac、Linuxが対応可能。現在言語対応は英語のみとなっている。このゲームはWhat Pumpkin Studios初のゲームプロジェクトであり、オリジナルの開発元であるOdd Gentlemenの開発を引き継いだとされている。公式によればこのゲームは90年代のアドベンチャーゲームにあてたラブレターと述べており、Joeyの部屋にはMoter2などの90年代の代表するゲームのオマージュポスターが飾られている。

ヘッドライターであるCohen氏のインタビューによるとJoeyと住む世界が入れ替わったDammekにフィーチャーしたHauntswitchというタイトルの続編が出ると述べている。ゲームは「どちらのプレイアブルでも遊べる」と公言しており、「章から章、ゲームからゲームへ」とセーブされる。

経歴編集

ゲームのプロジェクトは2012年9月4日Andrew Hussieによって発表したKickstarterが開始され、ファンからのクラウドファンディングを呼びかけ約一か月で総額250万ドル(二億越え)が集まった。 ゲーム開発については2013年当初ではHomestuckを終らせゲームの開発を始める予定だったが、開発作業が始まったときAndrew氏はゲームの発売はHomestuckを書き終わってからにしなければならないと思い Act 6 Intermission 5を終えた後Homestuckを一旦休ませゲームに専念することにした。中断期間は2013年4月14日から6月12日にかけて約2ヶ月続いた。

Andrew氏曰く2013年10月16日のアップデートに続いて起きたギガポーズ中にゲーム開発に取り組んでたとされ 2014年1月24日の更新記録では、最初の3か月間、彼は漫画とアドベンチャーゲームのための執筆に集中していたと書かれている。

2014年6月21日に最初の開発元であったOdd GentlemenはTumblrで2つのコンセプトアートと1つのキャラクターモデルを発表した。 しかし同年10月30日にAndrew氏はゲームが「パンプキンスタジオ」のもとで「自社製作を続ける」と述べたアップデートを発表。その後、Odd Gentlemenのプレスリリースは削除された。 ゲームでは14種類のコンセプトアートと新しいキャラクターのGIFが公開された。このアップデートでは、Andrew氏は別のゲームの計画を明らかにし、ゲームを一時的に発表したとされている。

2015年12月25日ではKickstarterのアップデートを掲載し、新しいアートを発表。更にアートスタイルが3Dから2Dに変化したことを説明し、生産をより速くより安価にした。

2016年10月6日にAct 1が2017年1月発売と書かれた新しいトレーラーが発表されたが一向に発売はされずにいた。 同年4月13日では別の予告編が発表され、Hiveswap Act 1の次回のトレーラーで発表が確定するとの声明が出された。 8月29日では2017年9月14日の最終リリース日を発表する打ち上げ予告編がリリースされた。クラウドファンディングから5年目経った2017年9月14日、遂にHiveswap Act 1が発売された。

エピソード 編集

Hiveswapは4つの異なるエピソードとしてリリースされる予定であり、現在ではAct1だけが公開されている。

Act 1: Kansas City Shuffle編集

Act 1ではJake HarleyA.Claireの子供であるJoey ClaireJude Harleyの紹介から始まる。彼らの家であるハーリィの荘園が突如謎のモンスターの襲撃によって攻撃を受ける。モンスターの攻撃から難を逃れたJoeyは屋根裏部屋にあった転送装置を見つけ惑星オルターニアへ転送されてしまう。そしてオルターニアの住人(宇宙人)であるDammekと場所が入れ替わってしまいオルターニアに着いたJoeyはXefrosと出会い、危険な状況に立ち向かって行く。

トリビア 編集

  • The Grubblesのミュージックビデオなどのプロモーションから新しいオルタニアン アルファベットが明らかになった。この変更はおそらくBethesdaの著作権を避けるために行われたものとされ、Homestuckで使われているものがDaedricアルファベットの反転版に過ぎないためだと思われる。