FANDOM


Joeysymbol
Joey Claire
Joey

名前

ジョーイ・クレア

誕生日

1980年3月5日生まれ

年齢

14歳(初登場時)

在住

ハントスイッチ郊外にある半分ハーリィの荘園

タイピング癖

すべて小文字、適切な文法と句読点を使う。

好きな物

バレエ、タップダンス、動物、ビデオゲーム、パズル、ぬいぐるみ

ストライフの種類

懐中電灯タイプ

人物関係

Jude - 弟
Pa Harley - 父親
A. Claire - 母親
Tesseract - ペット

テーマ曲

Definitely Safe Forever  ♫
Joey Claire, Extraordinaire ♫
We Shall Go Together ♫

Joey Claire(ジョーイ・クレア)はHiveswapに登場するキャラクターであり、この物語の主人公である。

バイオグラフィー編集

1994年(Homestuckが始まる14年半前)、Joeyは地球のハントスイッチ郊外半分ハーリィの荘園に住んでおりAct 1では弟のJudeTesseractと外で遊んでいると突然謎のモンスターに襲われそうになる。自分の部屋に逃げ込んだJoeyはトランシーバーを使いJudeの助けを借りて転送装置がある荘園の屋根裏に向かう。転送装置のカギを差すと装置が作動し惑星オルターニアへ飛ばされてしまう。アルターニアに着いたJoeyはタブレットを見つけアルターニアに住むトロールXefrosと出会う。 そこでJoeyが家に帰る方法を見つけるためXefrosの親しい友人を会う旅に出かける。

性格と特徴編集

黒髪のショートヘアーで母親に似た前髪をしている。知的で穏やかな性格であり、バレエとタップダンスの両方習っているため攻撃をする際にはタップダンスやバレエのアクションをする。将来の夢は獣医師であり、小さな医療用キットを持っている。

Joeyは学校に馴染めず不満をもっている。いじめや虐待に対する寛容はほとんどなく、いじめられている人を見てるとほおっておけないようだ。

人物関係編集

Jude Harley編集

Judeとは堅苦しくも兄弟としての愛情を持っている。Judeは時々パズルやいたずらや陰謀論でJoeyを困らせている。お互い頼りにしているところがあり、危険な目にあったときは効率よく一緒に行動することができる。

二人とも動物は好きだがJudeはやや折衷的である。Judeのインターネットの友人グループにJoeyも参加しているが、彼らは自分の友達ではないと考えている。

Pa Harley 編集

母親が亡くなって以来、控えめに家に帰ってきた父親のことをあまりいいように思っておらず、更にJoeyの動物好きに対し動物狩りをする父と相反しているため非常に悪い関係になっている。JoeyとJudeは家にいないときに父親の私物にいたずらしていることが多い。Joeyは父親の軽蔑の証として、彼女の父親の代わりに母親の姓を使用している。

A. Claire編集

亡くなった母親の事を愛しておりJoeyにとってかけがえのない存在となっている。Joeyの日記には"お母さんに会いたい"と書いてあったり、お母さんのようになりたいと願っている。

Ms. Lalonde編集

ベビーシッターとはいい友好関係を持っているが、彼女のアルコール依存症を酷い例として見ている。Joeyはベビーシッターのことが好きで、彼女が努力しようとしているところを知っているようだ。

Xefros Tritoh編集

Xefrosはオルターニアに着いた際に最初に助けてくれたトロールであったが、JoeyがDammekのタブレットで交流していた為Dammekと勘違いされていた。結局別の惑星から来たエイリアンだと気づくが、血の色が似ていたりXefrosの悩みを聞いたりしているうちに徐々に友情が芽生える。

トリビア編集

  • Joeyの部屋にはスーパーファミコンがあり部屋の壁にはマザー2に似たSecond Momというゲームのポスターが飾られてある。
    • 最初に発表されたトレーラーではマザー2だけでなくファイナルファンタジー6やテトリス、更にはマイリトルポニーやタイニートゥーンズなど90年代を代表するアニメやゲームのポスターが飾られていたが製品版では別のポスターに差し替えられている。これは著作権上の都合により差し替えられていると考えられる。
  • 発売前のテキストの色は明るい青緑色になっているが製品版では水色になっている。
  • モンスター戦で屋根裏部屋に行くのが長すぎる場合、Joeyはモンスターに押されモンスターの口に詰め込まれゲームオーバーになるシーンがある。
    • プレイヤーがこのシーケンス中にJudeに切り替える際も同じ結果となってしまう。